お金を借りる方の義務とは

お金を借りるとき、どこからどう借りるのかちゃんと考えてから行動を起こさないと後になって困ることが出てきやすいです。お金はみんな大事なものと認識しているので、お金を借りたいと思っても個人対個人では簡単に貸してもらえないでしょう。

1000円程度なら友達だから家族だからということで貸してもらえたとしても、ゼロがひとつ増えたらなかなか首を縦に振ってもらえませんね・・・。なぜ良い返事をもらえないのかは自分がお金を貸す立場になってみると分かります。

お金を借りる方としては1000円も10000円もたいして差がないと思うかもしれませんが、お金を貸す方としては1000円と10000円ではまったく別物という感覚です。お金に困っている人はそこの違いに鈍くなっていることがあるので、個人にお金を借りるときは相手が納得してくれるまでお金を借りる理由についてちゃんと説明する義務があります。

後々のもめ事避けるためにはこれは絶対に必要なことです。
http://www.des-max.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です